「本日は夜の勉強会」

2008/10/15 ブログ
logo

昨日、寒さに備え灯油を4缶購入しました。

水曜日は、我がグループが毎週集まる「夜の勉強会」の日です。
だいたい夜11時半位まで行います。内容は様々で、今日は膝疾患に関して、またある日は頭痛に対しての評価と治療法に関してだったり、時には「今日は皆でお互いの治療をしましょう」となったりします。

そして毎月第3土曜日は、研究発表の日。各月ごとに、院長の私とスタッフ達が、交代で発表します。治療に関わることであればテーマは何でもよいという事で、あらゆるジャンルの発表が行われます。

こんなことを、15年ほど続けてきたので資料は膨大な量になります。テクニックにしろ知識にしろ一度やれば身につくものではないので、何度も繰り返したり新しい技術を身につけた上で以前のテクニックに磨きがかかることもあり、これで十分ということはなくずっと続いていきます。

新しい先生達のために現在は毎週、ガンステッドテクニックを教えています。この理論は身体を全体で把握するのに是非憶えておきたい理論のひとつで、アジャストは難しいけれど、自転車と同じで一度憶えれば一生ものです。また、他の矯正方法もいろいろあるので別の安全な矯正法を含めて指導しています。

スタッフ個人個人で、きちんと身につけたいテクニック、実践したいテクニックにもばらつきがあるので、それぞれでスペシャリストになるべく、得意分野で長所を伸ばしてもらいたいと思っています。毎回PNFやAKA、三軸修正なども指導しますが、もちろん各院長にも日ごろから指導は御願いしてあります。

ホームページの施術テクニックという項目で各テクニックの紹介をしています。こちらもご覧下さいね

各月の研究発表会は、毎回このブログで一部公開していきますので、各治療院で興味がある方は質問してみて下さい。これまでの発表分も冊子にまとめて治療院で閲覧できるようになりますので、重ねてよろしくお願いいたします。

明日から、エネルギーツールに関する情報をお送りします。グラウンディング、センタリング、ランニングエネルギーの順番にお話しします。お楽しみに!

 

 

2008年10月16日 エネルギーワーク」

秋晴れが続き、天候に感謝。感謝すると心がふっと楽になります。雨が降っても感謝。自然はありがたいです。

今日は、「エネルギーワーク」のお話し。

何年も前から人を治すために一から人を見つめ直そうと、あらゆるジャンルの本を読み始めました。西洋医学では、発生学、比較解剖学、精神医学、行動医学、宗教では仏教、密教、そして美術から物理学に飛び、宇宙論、相対性理論、量子論などなど・・

生命誕生は地球の誕生に、そして宇宙の始まりにまで遡り人の根源とは何かを追っていたのかも知れません。そして全てはエネルギーが関与していることに気づきました。最も影響を受けたのが「バイブレーショナル・メディスン」という本でした。

他にも感動した本はたくさんありますが、人の診かたが大きく変わっていきました。また自らの感覚や心のありようも変化しました。なにせ学生時代は、ものを斜に構えて見るほうだったし、気だ波動だエネルギーだなんて頭にこれっぽっちもありませんでした。

源核生物や源生生物などにみられる単細胞生物などは、つつかれれば逃げるし、えさに向かって移動すれば捕食もする。彼らは神経も筋肉もなければ、ましてや脳さえ持たない。まさに「生命」でありエネルギーそのものであると思えます。

ベストセラーの「唯脳論」に対し「唯臓論」を書いた医学者がいました。痛快な内容で、生命を根本から見直すとても楽しい本でした。生命を人を全体論的に見て治そうとしている医者、治療家は少なからずおられます。

以前エレルギーや波動に関していろんな角度から見ていった時、意識や精神構造もエネルギーそのものだと確信しました。原子核の周りを電子が飛びまわり、その原子の集まりが分子であり、元素が結びつくと全く別ものの物質に変わります。

人の身体も炭素・窒素・水素・酸素の各分子が組み合わさってほぼ99%が創られています。およそ宇宙がビッグバンで始まったときに最も多く存在した元素でもあります。人の身体も最大細かく見ていけば原子核の周りを電子が飛んでいる原子の集まりです。

電子が飛んでる空間が東京ドームの広さであれば、原子核は野球ボール程度の大きさです。間はスカスカ。ましてや世の物質の最小単位である素粒子の世界になれば、消滅したり発生したり瞬間移動したりしています。どうでしょう?人や物には実態があるのでしょうか?

まさしく「色即是空」「空即色是」。在るようで無く、無いようで在る。そしてホログラム理論(曼荼羅理論)やパラレルワールド(多重世界)などは、東洋思想と最新の理論物理学がどんどん近づいていることを証明しています。

光は「粒子」と「波」という相反する性質をあわせ持ちます。実験上、光が波として証明される状況を作っておいて、その光源を高度な顕微鏡で覗き込むと、そこに粒子としてとどまっている光を見ることができます。観察しようという人間の意識が介在すると、光は波から粒子に瞬時に性質をかえてしまうのです。

意識はエネルギーを持ちます。ひとは瞬時に意識を自在に操ります。遠くにいる恋人を思い浮かべたり、目の前のサッカー試合に興奮したり。ミクロの原子も想像できれば遥か宇宙の彼方まで意識は瞬時に移動できます。

そしてエネルギーにも、良いエネルギー悪いエネルギーがあります。ポジティブとネガティブ。そして文字にさえ良い悪いのエネルギーが内在します。「愛」と書いたラベルと「戦争」と書いたラベルを貼ったビンの水は、片や綺麗な結晶をつくり一方はグチャグチャな結晶にしかなりません。

同じような感情を伴って花に水をあげても、綺麗に花が咲くか、しおれた元気のない花にしかならないか、結果ははっきり出ます。感情もエネルギーです。

私も高いエネルギーを持ち合わせることで、健康とパワーが得られるならと4年前にエネルギー・ツールを学びました。とても楽しいセミナーで、参加者はほとんどが女性でしたが、いろんな能力をもつ人達が多く、男性の歯科医や医者、また女優さんもいました。

感覚の鈍い私には、苦手な分野でしたが合計8日間でいろんなことを学び、新しい感覚と意識が生まれた気がしました。当院でもエネルギーワークとして指導とセッションを時々行っています。

すっかり前置きが長くなりました。

本題は明日からにします。ではお楽しみに!