「センタリング」

2008/10/20 ブログ
logo

秋晴れが続きます。

3日連続夜中「蚊」に起こされ、さすがに昨日はアースリキッドを設置し事なきを得ることができました。この時期に根性のある「蚊」もいたものです。

さて今日は「センタリング」についてレクチャーいたします。

これまでも意識はエネルギーそのものであることを云ってきました。自分は自分の精神、肉体、魂の責任者であることを自覚しましょう。そして、様々な事象にとらわれすぎている自分の意識を、もう一度グラウンディングとセンタリングすることで、自分自身に戻り「自分らしさ」を取り戻すことが必要です。

「センタリング」は頭の中心に自分の部屋を作り、そこに最高の居場所を設定します。この場所は脳の中の松果体や脳下垂体のある場所で、ホルモン生成やエネルギーを取り入れる最も重要な場所のひとつになります。

<センタリングをやってみましょう!>

まずは椅子に座って背すじを伸ばし、地に足をつけ深くゆったりした呼吸をしましょう。時間があればグラウンディングをして自分の中心に意識を戻します。それからセンタリングをする際は、どこか決めた場所に手を置くと集中しやすくなります。どこでもかまいませんが、当院では左手で左腿の外側にそっと触れてもらっています。さあ、では手順を云います。

1、頭の中心に意識を置きます
図のように、頭の中心に四角い部屋を設定しましょう。そこに最もリッラックスできる椅子を用意して下さい。気に入った椅子にゆったり座って身も心も楽にして下さい。

2、景色の設定と部屋の飾りつけをします
今度は前後、左右に窓を付けましょう。大きさ形は自由です。そしてそこにお気に入りの景色を設定します・・・どんな景色が思い浮かびますか? 

ちなみに私の場合は・・屋根が藁葺きの屋根で、木で作った風通しの良い床上げ式の小屋が海岸の砂浜に建ててあります。前後左右の窓はなくほとんど開放してあって、左側には海が広がり水平線が彼方遠くに広がり、前後にはビーチが伸びて、右側は林でセパレートされていて、さらにその奥にはゴルフコースが隣接しています。時々「Nice Shot!」の声がかすかに聞こえてきます。もちろん南国の島で、さわやかな風、さざ波の音、鳥のさえずりも聞こえます。好きな本を読み、気が向けば着替えてゴルフコースにも出かけます・・

これぐらい好き勝手に部屋を設定して下さい。なるべく具体的に飾りや装飾品、絵画も骨董品を置いてもかまいません。シンプルがよければあまり物は置かないほうがいいかも。どうですか?気に入った部屋は完成しましたか?

3、自分以外は誰も部屋に入れてはなりません
センタリングで部屋でくつろいでいる時、別の誰かが部屋に入ってくるかもしれません。でも絶対部屋に入れてはいけません。それが最愛の人だったり、可愛いペットだったり、とっても嫌いな会社の上司だったり、もし誰かが入ってきたらその人の好きなことこと、おいしい食べ物があるとか、楽しい催し物やってるよとか云えば、すっと出て行ってくれます。

4、この部屋こそあなたの「マインド」です
あなたは今、自分の「マインド」にいます。そこは自分自身の居場所であり、誰からも侵されない最高の「拠り所」にいるのです。他人は自分のマインドには入れません。自分のバイブレーションは唯一自分にしか調和しません。

センタリングされた自分の部屋に、他の誰かを入れてはいけないと云うことは、他人のマインドにも踏み込んではいけないということです

ここが最も重要なところです。もし誰かにとても悲しい出来事があり、泣き伏している状況に出会ったとき、事情を聞いて「何て可愛そうに、あまりにひどすぎる、、」といって二人で肩寄せ合って泣いてしまったらどうでしょうか。何か解決はするでしょうか?

これでは、こちらのマインドが相手のマインドに入り込み、次には相手のマインドがこちらのマインドに入ってくるでしょう。でも頼るべき本来のマインドは自分自身にしかないのです。

もしその事情を聞いたとき、マインドの確立した人であれば冷静に状況を判断し的確なアドバイスをして、その人のマインドを確立しようとします。マインドを確立し問題を解決するかどうかは、その人本人の問題になります。

マインドが確立してくると、自分のするべきことを認識し、常に前を向き始めます。そうでない人は、過去や周りの状況にばかりに意識が向き、それに振り回され自分らしさを失ってしまっています。とってももったいない話です。

人それぞれいろんな事情や、しょってるものってありますよね。

事故で片手を失った人は、いくら治療してもはえてくることはありません。私も昔は困った患者さん全てを救いたいと思って、ない力を一生懸命ふりしぼっていた時期がありました。

エネルギーツールの中のこの「センタリング」を学び、自らが自分の体、精神、魂の責任者に戻ってもらうことが大切なんだと気づきました。自分は自分でしかありえない。この自分以上のことは望めないけれども、自分の可能性ってすごいものがあるはずですよね。変われますよ。それを選択できるのも自分ですから。良くも悪くもね。全て自分の責任で・・

グラウンディングもセンタリングも、肩肘張らずに楽しんでやりましょう。

いろんなものに頼るのもいいでしょう。でも本当に頼るべき最高の居場所は、自分自身の「マインド」にあります。多くの情報に翻弄されることなく、グラウンディング・センタリングでいつも自分の中心に戻ってください。自分らしい自分が何より最高なんですから!